So-net無料ブログ作成
検索選択

三島大吊橋からの箱根神社コース巡りの続き・・・ [暮らし]

三島大吊橋に到着。

天気は曇り。

途中パラパラと雨も降って気たけれど、大吊橋に着いたときには上がっていた。

景色は・・・言うまでもない。

曇り空のせいで、本来見える富士山も見えない。


まぁ富士山は天気さえ良ければ毎日見ているのだけれど。


吊り橋を渡る前に食事を摂ることにした。

出発したのが12時を過ぎていたから、もうオヤツの時間になってしまっていた。

とりあえずまともなゴハンを食べられそうなカフェに入った。

メインは「カレー」らしく、その他にはパンケーキが何種類かあった。

朝食にパンを食べたこともあり、3人そろってカレーを食べることにした。


種類は3人とも違うものを選ぶ。


味は・・・特に・・・驚くほどのものではない。

ただこうして外出してテンションが上がっていれば何を食べても美味しいと感じる。

が、結構カレーを良く食べる私。

たいして美味しいとは思えないのが本音だ。

でもね、こういうところで美味しさを求めることがそもそも間違いだって思っているから、味わうことよりも雰囲気を楽しまないと!

お腹もいっぱいになったところで本命の吊り橋に!



吊り橋を渡るためのチケット代は大人一人千円。

チケットを手にして渡ろうとしたその時、足元に見えた真下の景色と揺れを感じた途端
「俺は無理だ!!!無理無理無理ーーーー!!!!俺は待ってるから行ってきて!」

実は相方高所恐怖症です。

分かってたけどね、渡れないんじゃないかなって思ってたし。

だからチケット買う前に言ったの、別にわたらなくてもいいけどね。って。

そしたら相方、ここまで来て渡らないわけにはいかないでしょ!って。

でもやっぱり無理だった。

吊り橋ったって、木製でもなければ揺れもそれほどあるわけではない。

もちろん「日本一長い吊り橋」だから、高所恐怖症の人にとってはこの長さが更に辛いのでしょうけど。

高さも高さだから、人がそんなに渡っていなくても、風が強いとそれなりに揺れもする。


私は平気なんだけどね。

じゃ、行ってきま~す!


相方を置いて私は次男と吊り橋を渡る。

渡った先には何か特別なものがあるかと言うとそんなのはなくて、ハイキングコースがあったり、展望台があったりとそのぐらい。


だから、トイレによってすぐUターンした。

それでも私は写メ撮ったり景色をボーっと眺めながら歩き楽しんだ。


戻ると相方ベンチでまったり。


そのあとは、スカイガーデンというお土産やちょっとした食べ物を売っているショップに入った。

そこには、ベコニアをはじめとする花が天井から吊り下げられていて、花の鑑賞も楽しめる。


吊り橋を渡るチケットを購入したときにもらったソフトクリーム50円引き券を使ってソフトクリームを購入した。

ソフトクリームは大好物なんでね、どこか出かけて売っているのを見つけると必ず食べるスイーツ。

濃厚で美味しい~~

これは当たり!!!


もう満足した私たちは次の目的地「箱根神社」へと移動することにした。


三島大吊橋から10キロほど離れたところに箱根神社はある。

移動にさほど時間もかからないし、観光コースとしても結構良いと思う。

ところがですよ途中で土砂降りですわ!


これから私が一番楽しみにしていた箱根神社だってのに。


遊覧船だって乗りたかったけれどさすがにそれは諦めて、箱根神社を雨の降る中参拝。

なんだろ不思議。

雨が降るといつも嫌で嫌で気分も落ち込むけど全然そんなことなくて、雨がなんだか気持ち良かった。



始めに箱根神社をお参りして、それから九頭竜神社新宮を参拝。

九頭竜神社新宮では、祀られている鏡を拝見することができました。

最後に、恵比寿神社をお参り。

そして、お決まりのおみくじを引く。


今回は「中吉」でした。


良いです。

もっともっとまだまだ頑張らないとならないのです、色々と。

信じて進むのです。



おみくじを引いたらお礼所へ行き、「箱根神社」と「九頭龍神社」の御朱印をいただきました。

本当は「恵比寿神社」の御朱印もいただきたかったのですが、時間が遅く無理でした。


残念。

でもまた来る理由が出来ました。



私の相方は「辰年」。

そしてただいま本厄中。

それもあって九頭龍神社には来たかったんです。


パワースポットですしね。


それに、私たち二人は「神社巡り」するのが好きなんです。

あの神社の空気が私はたまらなく好き。

色も。

そして木々の香り。


観光コースを回り終えたところで再び車に。


雨は富士に入った途端強くなった。

しかも強烈な雨。

視界も悪く、ヒョウでも降ってきたらど~しよ~!なんてドキドキしながら車を走らせた。



ナントか無事に家に到着。


長い時間私に使ってくれた相方に感謝。


幸せ。



いつもありがとう。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0