So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

太ももの内側を引き締めたかったら変えるべきことは歩き方 [美容]

最近太ももの内側が引き締まってきましたよ!

何をしているかって?

特に何も・・・

これでは答えになってませんよね。

でも、皆さんが思うような食事制限や運動はしていません。

ただ変えたこと、それは足の裏の使い方です。

これまで歩く時は、かかとからついてそのままつま先で地面を蹴るようにしてきました。

まぁこれは当然誰もがやっていることでもありますが、意識すべき点は、足の親指です。

最後の蹴り出しの時に、足の親指を意識するようにしたんです。

では、親指以外の指はどうするかって?

他の指はあくまでも補助の役目です。

だから正しい足裏の使い方としては、かかとから着いて親指で地面を蹴り出すようにします。

そうすると、体重が下半身の中心に集まるので、自然と太ももの内側の筋肉を使うようになります。

気が付いたら、ガニ股は治っているし、太ももの内側についた脂肪も減っていました。

ガニ股って格好悪いだけでなく、太ももの内側の筋肉をあまり使わないから、脂肪がつきやすくなるんですよ。

自分で言うのもなんですが、体重も平均体重よりも軽く、どちらかといえば細身です。

けれども昔から、太ももの内側だけがどうしても細くならないというかプヨプヨでして・・・

結構これがコンプレックスだったりしたんですよね。

でも、なぜ足の親指だけが大きいんだろうと気になったんです。

そしてその理由は、「体重を支える」・「地面を蹴り出す」を、主に足の親指使って行うためなのです。

だから親指ばかりがこんなにも他の指に比べて太く大きいのにも納得。

歩く時の重心移動は、かかと→親指へと移動させます。

これが出来るようになると、つま先が外を向いたガニ股歩きが逆に不便になります。

だから自然とつま先が真っすぐになってガニ股は改善

太ももの内側の筋肉内転筋を使うようになるから、太ももの内側についた脂肪を燃焼

太もも全体が引き締まっていつの間にか美ラインに変身!


最後に言えることは、

正しい歩き方・足の裏を正しく使うようにしただけですから「特に大変なことはしていません!」です。

どうしても太ももだけが細くならないと悩んでいる人は、トライしいてみて下さいね(^^♪

こちらのブログも参考にしてみて下さいね⇒太ももの内側についた脂肪を落としたい人は足の裏を正しく使え!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。